hp2.jpg

2007年05月15日

きっちり3食とろう

朝は急いでいたり、食欲がないとかで
抜いてしまう人が多くいます。
今回は「食事の回数」について取り上げてみたいと思います。


ちなみに1日3食という形が普及したのは、
日本では桃山時代のこと。
それより以前は1日2食でした。

朝食は「朝のエンジン」をかけるようなもので、
朝食を抜いて出かけると、どうも頭がぼーっとしたり
力が入らなかったりします。
1日元気に活動しようと思ったら朝食は必須です。

そして1日2食しか食べなかったり、
また食事の時間が不規則だったりすると、
体内に脂肪を溜めやすい体質となってしまいます。

普通1日2食だと、
摂取カロリーだけで考えた場合太らないように思いますが、
体がその2回分の食事だけで栄養を蓄えようとしてしまうので、
1回の食事での吸収率がアップしてしまうのです。
そうすると脂肪を蓄積してしまうことに。

これは犬にも言える話で、
我が家の愛犬が太った際
獣医さんから
「1日の食事量を小分けにして、食事回数を増やしてください。
 そうすると1回の吸収率が落ちますので」

と言われました。
また海外のモデルさんは、
1回の食事量を減らし、食べる回数を増やしている人もいるのだそう。
(たとえば1日3回で食べていた量を6回に分けるとか)

また不規則な場合は、
"次いつ食事をとるかわからないから、栄養を貯蓄しておこう"
といった状態になってしまい、栄養を"脂肪"として貯蓄してしまいます。
その結果、太りやすい体になってしまうわけです。

1日3食、朝もきっちり食べていくことを心がけましょう○




私も参加しているBLOGランキングの「メンズファッションランキング」はこちら

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。