hp2.jpg

Men's Style メンズスタイル > ヘアスタイル>育毛 > 男なら誰もがもっている「髪」への不安

2005年11月14日

男なら誰もがもっている「髪」への不安

hage.jpg
髪への不安は、ある程度年齢を重ねてからという
イメージがありますが、
夕刊フジBlogの記事によると、
実際に悩んで医療機関を訪れるのは20〜30代が最も多い
とのことです。


一番気になるのは「遺伝」。
私の家でも、父と兄との間で
父「おばあちゃんの家系はみんなハゲだから気をつけろ・・・」
兄「・・・・・・」

といった会話がありました。
父は大丈夫なのですが、遺伝子の中に入っている以上
その可能性はあるということになります。
「自分の家系にハゲている人はいるか。」
もうすでに確認済の人は多いかと思います。

遺伝以外では

男性ホルモン
胸毛やヒゲの場合はこの男性ホルモンによって濃くなるのですが、
頭髪にはあまりよくありません。

ストレス
健康にも悪影響なストレス。
もちろん髪にも悪影響が。

生活習慣
食生活の乱れによって髪に必要な栄養が摂取できていなかったり、
睡眠不足やタバコ(ニコチン)も関係があります。
ニコチンは血流を悪化させるので、薄毛には良くないとのことです。

数多く発売されている発毛・育毛剤の中で
資生堂から発売された「薬用 アデノゲン
※お一人様おひとつ限りの限定販売商品です!資生堂 薬用 アデノゲン
は、楽天の男性用化粧品ランキング第一位。
楽天内のショップでは売り切れ続出の商品です。
DNAの構成成分である核酸の一種で、
人の体内にも存在する生体内薬用成分”アデノシン”が、
毛乳頭細胞に作用し、髪の成長に不可欠な発毛促進因子(FGF-7)をつくり出します。


2005年10月11日には、許可申請中だった
男性型脱毛症用薬「プロペシア」が発売されることになりました
このお薬は、フィナステリドという成分がホルモンの働きを抑制し、
抜け毛を防止。
男性ホルモンの影響によって起こる男性型脱毛症に効果を表すわけですね。
これは医薬品の為、購入には医師の診断・処方箋が必要となります。
発毛・育毛について詳しく書かれている「発毛専門クリニック」では
このお薬を使っての治療を行っているようです。
(東京、愛知、大阪、福岡にあります)


日頃のケアに関しては、頭皮の洗浄”スカルプケア”や頭皮のマッサージで、
健やかな状態を保つよう心がけましょう。






私も参加しているBLOGランキングの「メンズファッションランキング」はこちら

posted by Yuki at 19:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | ヘアスタイル>育毛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL



Excerpt: アデノシンアデノシン (''Adenosine'') はアデニンとリボースからなるヌクレオシドの一つ。アデニンとリボースは β-N9-グリコシド結合している。分子量(C10H13N5O4)で..
Weblog: 栄養の役目
Tracked: 2007-11-02 08:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。