hp2.jpg

2008年05月27日

太って見える、痩せて見える

着ている服の色合いで、いつもより太って見えたり
痩せて見えたり。
服のシルエットや柄にも左右されますが、
今回は「色」をテーマにピックアップしたいと思います。


基本的に太って見える色は「薄い色」や「暖色系の色」。
1番は白ですね。
太っている人が白い服をきると、余計に膨張して見えます。
他にもベージュや淡いオレンジなど。
色が薄ければ薄いほど、膨張して見えやすくなります。

逆に痩せて見える色は、「暗い色」や「寒色系の色」。
代表的なのは黒ですね。
暗い色を用いることで、色が引き締めてくれます。

自分が「○○に見えたくない」場合に合わせて
色を選ぶと○です




私も参加しているBLOGランキングの「メンズファッションランキング」はこちら

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。